ベルタプエラリア 生理中 服用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタプエラリアは生理中に服用しても大丈夫なの!?

 

 

女性の方は赤ちゃんを産むためにも生理は避けて通れない症状だと言えるでしょう。

 

特に生理時はホルモンバランスが乱れ易い期間ですから、中には体に何らかの変調をきたす方もいると思うのです。そして、そこで疑問が出てくるのが「ベルタプエラリアは毎日、継続して使用する事が大事というけど生理中も服用するべきなのか!?」という事です。

 

生理中は何かと体に変調が起きやすい時期ですから、ベルタプエラリアのようなサプリメントもかなり慎重に使用したいところです。

 

以下には実際に私が調べて内容を記載しておきます。これからベルタプエラリアを使用しようかなと考えているのであれば、ぜひ覚えておいてもらいたい内容です(・∀・)b

 

 

ベルタプエラリアは生理中に服用してはいけない!!

 

女性の生理には女性ホルモンが大きく関係しています。 女性ホルモンというのは以下の図でも示す、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類です。先ずはこの図のホルモンの分泌量に注目してください。

 

 

エストロゲンは生理後に分泌量が増えるホルモンです。生理周期を整えて卵胞を育てたり子宮内膜を厚くしたり、妊娠の準備をする為の働きがあります。 また、美肌ホルモンとも言われ、この時期は肌の艶も良くなります。

 

一方のプロゲステロンは生理前に分泌されるホルモンです。水分を蓄えたり、食欲を増進するなどして栄養素と脂肪を溜め込む性質があり、肌の不調をまねくホルモンでもあります。

 

【女性ホルモンのまとめ】
エストロゲン(卵胞ホルモン) ・・・ 排卵に向けて妊娠しやすい身体作りを行う働き
プロゲステロン(黄体ホルモン) ・・・ 排卵後の受精卵が着床しやすい身体づくりを行う働き

 

ちなみにですが、この2つのホルモンバランスの分泌量が乱れてしまうと何らかの形で体に変調が起こります。そのホルモンバランスの乱れに関係してくるのが生理中にベルタプエラリアを服用する事なのです。

 

ベルタプエラリアを生理中に服用すると!!

 

女性ホルモンと体の不調には密接な関係があります。「何でも女性ホルモンを補えばいいや!!」という安易な考えは危険です。エストロゲンは女性ホルモンを活発にする働きがありバストップにも効果が期待できますが、過剰摂取は逆に副作用の危険性があります。

 

つまり、ベルタプエラリアを生理中に服用するとホルモンバランスが過剰になり下痢、吐き気、頭痛、便秘、生理不順などの症状が出るかもしれないのです(゚д゚)!

 

また、そのように生理中などにベルタプエラリアの摂取を続けると、自分が本来持っているホルモン分泌力を鈍らせてしまう可能性あります。女性ホルモンは何よりバランスが重要ということを忘れないようにしたいところです。

 

 

ベルタプエラリアは生理中だけでなく、生理前10日前後から使用を控える方が良い!!

 

 

では、ベルタプエラリアは生理中だけ使用を控えればよいかという事ですが、実際には生理前10日前後から使用を控えるようにするのが理想です。女性の体は生理に向けてホルモンバランスが徐々に変化していきます。

 

ですから、そのようの期間にあえてリスクを冒してまでベルタプエラリアを飲む必要はないと思うのです!!

 

それよりも、生理中やその前の時期は普段の生活面などの乱れがないかなどその他の要素にも注意したほうが良いでしょう。現代社会は生活習慣が乱れがちになる要素が数多くあります。特に若い女性は該当する方も多くいると思うのです。

 

ベルタプエラリアの使用に関しては、生理が終わり体調が落ち着いたところで改めて開始するのが理想でしょう(・∀・)b

 

 

▼驚異のリピート率92%のサプリ!▼

高品質のプエラリアだけ使用のベルタプエラリア

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加