ベルタプエラリア 授乳中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタプエラリアって、授乳中に使用しても大丈夫なの!?

 

 

ベルタプエラリアはバストアップに効果あるという事で女性の間でかなりの人気です!

 

特に産後のバストのたれにも効果的という事で、産後にも飲みたいという方も多くいます。ですが、ベルタプエラリアを授乳中から飲むと体に何らかの副作用が出るのではと心配されているかたも多いようです・・・。

 

そこでですが、ベルタプエラリアを授乳中から飲むと体にどのようは変化が出てくるのかを調べてみました。ベルタプエラリアは体内から体質を改善していくものですから、使用するにも注意が必要です!!

 

 

ベルタプエラリアは授乳中を過ぎてから飲み始めるべき!?

 

 

産後6週間から8週間程度までは”産褥期”と呼ばれ、ホルモンバランスが落ち着かず様々な体の不調が現れる可能性がある時期です。

 

授乳中の時期は女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類の分泌が活発になっている為、わざわざベルタプエラリアを飲む必要はないでしょう。

 

ベルタプエラリア鼻前のごとく”プエラリア”配合のサプリメントです。プエラリアはタイ北部で採取されるマメ科の植物の一種です。この成分が女性ホルモンに働きかるために乳腺が刺激されバストアップできるという仕組みです。

 

もし、この時にベルタプエラリアを飲んでしまうと、女性ホルモンの過剰摂取という事にもなりかねません。何らかの副作用があるかもしれません。例えば、吐き気、下痢生理不順などが考えられます・・・。

 

更に言うと、医学的な証拠がある訳ではないのですが、女性ホルモンの過剰摂取は乳ガンや子宮がんと言う女性ならではの病気を発症させるリスクが高くなろとも言われています。

 

 

ベルタプエラリアは結局、授乳中で飲むことができるの!?

 

 

ベルタプエラリアには、女性ホルモンに働きかける高品質なプエラリアという成分を配合しています。通常のプエラリア製品と比較しても、ベルタプエラリアは、大豆に換算すると約40倍にもなるイソフラボンが含まれています。

 

女性ホルモンと似たイソフラボンは、女性ホルモンの分泌量を増加させ乳腺を発達させる効果があります。そのため、女性ホルモンの分泌が活発になっている授乳中は飲まない方が良いかもしれません。

 

繰り返しになりますが、女性ホルモンの過剰摂取は何だかの副作用のリスクがあるかもしれません。産後にベルタプエラリアを飲み始めるのであれば、授乳後の体調が安定して時期を選ぶのが賢明でしょう!!

 

 

▼驚異のリピート率92%のサプリ!▼

高品質のプエラリアだけ使用のベルタプエラリア

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加