ベルタプエラリア 妊娠中 服用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタプエラリアは妊娠中に服用しても大丈夫なのか!?

 

 

ベルタプエラリアはバストアップに効果がると同時に、ネット上では副作用があるのではないかという噂も飛び交っています!

 

では、そこで疑問になってくるのが妊娠中の女性でもベルタプエラリアの服用ができるのかという事です。そもそも、ベルタプエラリアの効果の秘密はホルモンバランスの調整ですから、妊娠中にどのような影響があるのかが気になるところです。

 

以下には妊娠中の女性がベルタプエラリアを服用した場合に、どのような症状が起こる可能性がるのかまとめておきました。妊活中の女性は参考にしてもらえればと思います。

 

 

ベルタプエラリアを妊娠中に服用すると、どうなるか!?

 

女性の身体にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが分泌されており、生理周期に応じてそれぞれを増減させながら体内で分泌されています。

 

 

妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌は通常の分泌量よりも大量に分泌されるようになります。

 

このプロゲステロンは受精卵の着床しやすい体内環境を作り、発育を助けて基礎体温を上昇させます。妊娠中に乳腺の発達はこの作用によって行われます。また、胎盤を発達させたり胎児の成長を促したり、子宮の収縮を抑制し流産のリスクを軽減する作用もあります。

 

つまり、プロエストロゲンは妊娠初期から胎児の成長を促すための大事なホルモンであるのです。

 

ですが、このプロエストロゲンが多ければ良い訳ではなく、エストロゲン(卵胞ホルモン)とのバランスが重要になってくるのです。そのバランスが崩れると体に異変が起こると考えられているのです。

 

妊娠中にベルタプエラリアを服用すると!!

 

そもそも、ベルタプエラリアには”プエラリア”という女性ホルモンの働きを活性化させるエストロゲンに似た成分が配合されています。

 

そのプエラリアは通常時に飲み続ければ、体内のホルモンバランスを整え、バストアップや美肌の効果が期待できます。ですが、プエラリアを過剰に摂取したり、自身の体調次第ではホルモンバランスを崩す可能性もあるのです。

 

先ほども触れたように、妊娠中はすでに女性ホルモンが活発に作用している状態です。ですから、ベルタプエラリアで摂取をする事でホルモンが過剰になってしまう事も考えられるのです。

 

つまり、ベルタプエラリアは妊娠中に服用するのは避けた方が良い!!

 

という結論になるのです。もしですが、妊娠中に服用を続ければ、副作用で吐き気、便秘、下痢、頭痛などの症状が現れる可能性も出てきます。妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある方は気を付けるべき事です。

 

 

ベルタプエラリアは妊娠中以外にも服用が注意!!

 

 

ベルタプエラリアの働きは先ほども触れたように、ホルモンバランスを整えるのが最大のポイントです。

 

ですから、使用に関しては、この記事では妊娠中に注目しましたが、それ以外にも生理前や生理中、更に授乳中などのホルモンバランスが崩れやすい時期も使用は控えるべきです。

 

ベルタプエラリアは効果的な半面、その使用方法次第では副作用などがあるのではという声があるのも事実です。もし、ベルタプエラリアを使用する際は、正しい使用方法をしっかり確かめることが大切だと思います(・∀・)b

 

 

▼驚異のリピート率92%のサプリ!▼

高品質のプエラリアだけ使用のベルタプエラリア

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加