ベルタプエラリア ピル 併用

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタプエラリアとピルって、併用しても大丈夫なの!?

 

 

特に若い女性にピルを服用しているという方は多いと思います。男性との関係で臨まない妊娠をしてしまうのは決して良いことではないのですから、当然とも言えば当然です。ですが、そんな女性の中には同時に貧乳で悩んでいる方もいる事でしょう・・・。

 

妊娠は望まないないけど、でもバストアップしてもっと魅力的な女性になりたいという方もいるはずです。妊娠してしまわない様にピルを飲んでる方の疑問をネット上でたまに目にします。

 

その内容というのが、ピルとベルタプエラリアを併用しても大丈夫なのか!?というものです。確かにネットには色んな情報があるので直ぐに調べられるでしょう(。´・ω・)?

 

ですが、ネット上で飛び交う情報はイマイチ信用ができないものも多くあります・・・。

 

そこで、この記事ではピルとベルタプエラリアの併用についての症状についてまとめてみました。そして、その内容からピルとベルタプエラリアを変容した場合に起こり得る体の症状についても触れておくことにします。

 

もしですが、ピルを現在飲んでいる、もしくはこれから飲もうかなという女性は、以下の内容を必ず覚えておいてもらえればと思います(・∀・)b

 

 

ベルタプエラリアとピルの併用はかなり危険です!!

 

そもそもですが、一般的に経口避妊薬として知られているピルですが、先ずはその含有成分について触れていこうと思います。ピルは、女性の身体の中のホルモンバランスを調整します。

 

そして、妊娠に近い状態(黄体ホルモンが分泌されている状態)にすることで排卵を抑制し、妊娠しないようにする為の経口避妊薬です。

 

 

一般に市販されるピルは混合ホルモン剤とも呼ばれています。「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つのホルモンが含まれています。
黄体ホルモンだけを服用することで避妊をすることもでき、そのような錠剤はピルとは別に「ミニピル」と呼ばれています。黄体ホルモンと卵胞ホルモンを合わせて服用するほうが避妊効果が高と医学的に証明されています。

 

ですが、これはピルが女性のホルモンバランスをコントロースすることで始めて避妊できるため、時に体質など影響でホルモンバランスが崩れるなどの症状もあると言われています。

 

 

では、ピルとベルタプエラリアを併用するといどうなるかという事ですが、結論から言うと「絶対に併用はNG!!」という事です。実はベルタプエラリアの成分にも”プエラリア”という女性ホルモンの働きをコントロールする成分が含有されています。

 

つまり何が言いたいかというと、ピルとベルタプエラリアの両方に女性のホルモンバランスをコントロールする成分が含有されているという事です。両方を同時に摂取すればホルモンバランスを調整する成分の過剰摂取になってしまうという事です・・・。

 

ですから、ピルとベルタプエラリアを併用すする事はNGなのです。高い可能性でホルモンバランスを崩します。そして下痢、腹痛、便秘、吐き気、生理不順などの副作用につながるので危険なのです。

 

 

ベルタプエラリアは正しい飲み方をする事が大事です!!

 

 

ベルタプエラリアはバストアップ効果があると人気ですが、その反面、正しい使い方をしないと副作用があるのではと心配される声が多いのも事実です。実際に成分の過剰摂取で何らかの異常が体に起きたという事例も少ないですがあるのです。

 

ベルタプエラリアは1日に3錠までと摂取量も定められています!!

 

そして、他のサプリや先ほども触れたピルの様に医薬品の併用も避けた方が良いです。更に、生理前や生理時、妊娠中や授乳中などのホルモンバランスが不安定な時期も使用は避けた方が無難でしょう。

 

ベルタプエラリアの成分は効果的で安全性に優れていると言っても、それを使用する側もしっかりと正しい知識を持っていなければいけません。体に変調をきたす原因にもなりえるので注意したいところです。

 

更に、ベルタプエラリアについて知りたい方は以下の公式サイトも参考にしてください(`・ω・´)ゞ

 

 

▼驚異のリピート率92%のサプリ!▼

高品質のプエラリアだけ使用のベルタプエラリア

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加