ベルタアップジェル 成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベルタプエラリアの成分を徹底チェック!!

 

 

ベルタアップジェルが、本当にバストアップ効果があるのか気になるところです。そこで、以下にベルタアップゲルの成分を記載しておきます。そこからバストアップに効果がある成分がよく分かると思います。

 

【ベルタアップジェルの全成分】
水、BG、グリセリン、アセチルヘキサペプチド−38、ヒトオリゴペプチド−1、ハナスゲ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12−13)グリセリル、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、シアノコバラミン、トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30)クロスポリマー、キサンタンガム、水添ポリイソブテン、PEG−40水添ヒマシ油、水酸化K、フィチン酸、ペンテト酸5Na、酸化銀、フェノキシエタノール、ダマスクバラ花油

 

このように一見では、どれがバストアップに効果がある成分かよく分からないと思います。以下にバストアップ効果が期待できる成分の解説を載せておきますので参考にしてください(・∀・)b

 

 

ベルタアップジェルの成分から分かる3つの特徴とは!?

 

ベルタアップジェルの成分にはそれぞれの特徴があります。そこで特徴をまとめると3つに分かれますので、それぞれの解説を載せておきます。

 

 

プエラリアミリフィカ根エキス

 

 

プエラリアとは、タイ北部で採取されるマメ科の植物で女性ホルモンの働きを促すエストロゲンに似た成分です。大豆に含まれているイソフラボンよりもプエラリアに含まれているイソフラボンは40倍もの作用があります。

 

このプエラリアを継続的に摂取することで体内の女性ホルモンの働きを活発にします。体内環境を改善することで、乳腺を刺激する事でバストアップするという事です。その成分がバストアップジェルにも贅沢に配合されているのです♪

 

 

【特徴その2】 ボルフィリンとアディフィリンの効果って?

 

 

ベルタアップジェルにはボルフィリンとアディフィリンという、何やら難しそうな成分が配合されています。

 

簡単に言えば、ボルフィリンは、ハナスゲというユリ科の多年草の根から採取される成分で、アディフィリンは、スペインで開発された人工成分です。ボルフィリンが天然成分であるのに対して、アディフィリンは人工的に生み出された成分です。どちらも効果は同じです。

 

この2つの成分は、プエラリアとは違って女性ホルモンに影響する訳ではなく、脂肪細胞に直接働きかけ、脂肪を分裂・増殖させる効果があります。ベルタアップジェルをすり込みながらマッサージをすることで、徐々にバストへボルフィリンとアディフィリンを浸透させ、脂肪を増やすことができます。

 

 

【特徴3】 3つのヒアルロン酸が美容効果をサポート!!

 

 

美肌効果には欠かせないヒアルロン酸もベルタアップジェルには配合されています。ヒアルロン酸と言ってもパワーヒアルロン酸、ヒアロベール、ヒアロリペアの3つに分類されます。保湿力の高さに対する喜びの口コミも多く寄せられるのも以下のような働きがあるからです。

 

  • パワーヒアルロン酸 ・・・ 肌のうるおいを長時間キープすることができる
  • ヒアロベール ・・・ 肌のうるおいをさらにUPできる
  • ヒアロリペア ・・・ 肌のバリア機能を回復し、肌ざわりなめらかな素肌へと導いてくる

 

肌のハリとうるおいは、女性らしい理想的なバストアップというとホルモンバランスの改善に意識が行きがちになりますが、実はそれだけでなく保湿効果も必要なのです。また、それ以外にもベルタアップジェルには深いバラの香りもあるので癒しをもたらしてくれます。

 

 

ベルタアップジェルの成分を最大限に生かすポイント!!

 

 

ベルタアップジェルを使う時のポイントとしては、体が温まり成分が浸透しやすい入浴中や入浴直後に使用するのが良いと言われています。体温が上がれば、血流効果が増進して成分がより体内部に運ばれやすく、また、マッサージをすることでバストアップしやすくもなります。

 

私もベルタアップジェルを使用していたのは入浴中でした。私個人の意見としても、入浴中はベルタアップジェルのバラの香りが癒しの効果をより一層噴き出してくれますし、何より入浴中はそのまま体を洗うついでにできるので簡単です。

 

この記事を見ている方で、これからベルタアップジェルを使ってみようかなという方は、入浴中に使う事をおススメします(#^^#)

 

 

▼驚異のリピート率92%のサプリ!▼

高品質のプエラリアだけ使用のベルタプエラリア

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加